【VW ティグアン 試乗】全て揃った…佐藤久実

[フォルクスワーゲン]
  • reproducible
  • original
  • reproducible
  • original
  • reproducible

写真をすべて見る[全6枚]

特に『ゴルフV』以降のフォルクスワーゲンは以前にも増して非常にハイクオリティでヴァリューの高さが印象的だが、今回の『ティグアン』もまた、その思いを再確認する性能だ。

ワッペングリルに変わる新しいVWの顔を備えたフロントマスクはワイドな印象で安定感があり、内外装ともにシンプルでクリーンなデザインは長くつきあえそう。『ゴルフトゥーラン』とほぼ同サイズのボディは、SUVとしてはコンパクトで日本の道路事情にもマッチし、取り回しがしやすい。

そして、直噴+ターボチャージャーの2.0リットルTSIエンジンは、一般道からワインディングまでまったく不満のないパフォーマンスを発揮する。

しかし、もっとも驚いたのは走りのスマートさ。本格的オフロード性能を備え、タイヤサイズも16インチとさほど大きくないが、オンロードでのフットワークが素晴らしい。コーナーでのしっかりしたふんばり感がありながら快適な乗り心地だ。オールマイティなドライバビリティとスペースユーティリティを備える万能車である。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

佐藤久実|モータージャーナリスト
大学在学中にレーシングドライバーとして活動を始める。ワンメイクレースや耐久レースをメインに、海外の24時間レースにもチャレンジしている。レースで培ったスキルをベースに、ジャーナリストとしてのクールな視点、女性の視点からクルマを評価。自動車専門誌への執筆やTV出演をしている。また、ドライビングインストラクター、大学非常講師も務める。

  • reproducible
  • original
  • reproducible
  • original
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ