【シトロエン C5 試乗】モダンシトロエンの正統…西川淳

[シトロエン]
  • reproducible
  • reproducible
  • original
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全6枚]

異国の地で新型『C5』を初めて見たとき、フランス産の“変わり者”にしては随分とドイツ風に骨太なカタチになったものだなあと(少々落胆して)思ったもの。けれども改めて観察してみれば、やっぱり他ブランドとは違った存在感をみせてくれるのだから、大したものだ。

ひとつには、その大きさが原因だろう。兄貴分の『C6』もでかかったが、新しいC5もでかい。メルセデスの『Eクラス』ほどもある。C5は欧州Dセグメントという想いがあるから、余計に違和感(=個性)を覚える。ガイシャはそれくらいじゃないと乗る意味がない。

C6を愛車にしている人間から言わせてもらえば、C5のデザインにはC6の文脈などほどんどないに等しいが、実はこちらのトレンドの方がモダンシトロエンの正統だ。『C4』あたりとの類似性の方が見つけ易いと思う。個人的には機能性だけでなくスタイルでもワゴンを選びたい。

床下と床上が適度に“分離”して、独特の“ゆる心地いい”乗り味をみせたC6に対し、新型C5はあくまでもカッチリとモダンに走ってくれる。エンジン&パワートレインは基本的に同じものだから、その走りはいきおい“しっかりとしたC6”的なものに。走りの個性という点では、ちょっと減じたとも言えるが、それ故より多くの人には受け入れられ易いだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

西川淳|自動車ライター
昭和40年生まれ、奈良県出身。スーパーカーをこよなく愛し、イタリア車に大いにはまりながらも、高性能ドイツ車を尊敬してやまず、新旧日本車もカワイクて仕方がない。三国同盟的浪花節クルマおたく。

  • reproducible
  • reproducible
  • original
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ