【VW ティグアン 試乗】ちょっとやそっとでは…吉田匠

[フォルクスワーゲン]
  • original
  • original
  • original
  • original

写真をすべて見る[全5枚]

普段の足に『ゴルフV』に乗っている僕としては、SUVの『ティグアン』を走らせた第一印象は文字どおり、「背の高いゴルフ」なるものだった。ゴルフVのボディとシャシーが持つ、ちょっとやそっとではビクともしない剛性感が、ティグアンにもそのまま備わっている印象だ。

舗装路での乗り心地もゴルフとよく似ていて、剛性感たっぷりのボディの下で、脚が必要なだけ動いているという、スッキリした感触。舗装路のワインディングでは、背が高いことによる不安もなく、安定したコーナリングを愉しむことができるのが好ましいし、2.0リットル・ターボと6ATによる動力性能も充分に活発だ。

ラフロードでは電子制御デバイスがドライビングを補ってくれるが、そこでも安心感のベースにあるのは剛性の高いボディだといえる。

決してスタイリッシュではないが、実用的なデザインで、サイズもまずまず容認できるボディも実にVWらしい。イマドキ360万円はかなりのバーゲンプライスだと思います。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

吉田匠│モータージャーナリスト
1947年4月22日生まれ。子供の頃からのクルマ好きが高じて、1971年、青山学院大学卒業と同時に『CAR GRAPHIC』の編集記者としてニ玄社に入社。スポーツカーのロードテストなどを主として担当し、ヒストリックカー、ツーリングカー、FJなどのレースにも参戦、優勝経験もけっこうあり。1985年、同社を円満退社、フリーランスのモータージャーナリストとして独立。自動車専門誌や一般誌に記事を執筆し、今日に至る。

  • original
  • original
  • original
  • original
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ