【プジョー 308SW 試乗】プジョー流が印象に残る…吉田匠

[プジョー]
  • reproducible
  • reproducible
  • original
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全6枚]

プジョー『308』に新たに加わったバリエーションが、この308SW。「SW」は「ステーションワゴン」のイニシャルかと思えば、「スポーツワゴン」でも何でも、お好きに解釈してくださいとはプジョージャポン広報の弁。

SWのボディはハッチバックと比べてホイールベースで100mm、全長で200mm長く、車重も150kgほど重くなっている。ハッチバックとの違いが意外と大きいのは、SWは、3列目シートを備える7人乗りだからだ。と同時に、巨大なガラスルーフを標準で備えているのもSWのポイントのひとつといえる。

1.6リットル・ターボ+4ATによる動力性能は、車重が1560kgあるためあまり活発とはいえないが、もちろん必要にして充分なレベルにある。ドライビングしてみると、当たりの柔らかいプジョー流の猫脚と、これもプジョー流のアンダーステアの軽いハンドリングが印象に残る。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

吉田匠│モータージャーナリスト
1971年、青山学院大学卒業と同時に自動車専門誌『CAR GRAPHIC』の編集記者としてニ玄社に入社。1985年、フリーランスのモータージャーナリストとして独立。1989年以来、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。現在の事務所は東京都世田谷区太子堂にあり、愛車は、1970年アルファロメオ・ジュニアZ、1991年ポルシェ911カレラ2、2005年VWゴルフGLi。

  • reproducible
  • reproducible
  • original
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ