【シトロエン C5 試乗】癖のあるのがセオリー…日下部保雄

[シトロエン]
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全7枚]

なにかと癖があるのがフランス車。その中でも個性的なのがシトロエンで、『C5』もそのセオリーのど真ん中にある。特にC5以上に搭載されているハイドロサスペンションはシトロエンのシトロエンたるゆえん。

全てをハイドロでコントロールするために、馴れないと拒否反応を示すが、いったんそれに嵌ってしまうとのめり込んでしまうような魅力に満ちている。

2機種あるエンジンの4気筒2リットル版はさすがに全長4795mmの大柄ボディにはパワー不足。215psを発生する3リットルV6では快適な加速とクルージングが楽しめるので、上り坂でも余裕が欲しいというドライバーにはこちらがお勧め。

ハイドロの味は独特で、パワーステアリングからブレーキの倍力装置へのパワー供給、そしてもちろんサスペンションにもこの不思議なユニットが使われており、全てがソフトな動きをする。ただブレーキはペダルのストロークよりも踏力が主となるので、カチリとした味になる。

■5つ星評価
パッケージ:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
お勧め度:★★★★

日下部保雄|モータージャーナリスト
学生時代よりモータースポーツに傾倒する。全日本ラリーチャンピオンシップAクラスチャンピオン、全日本ツーリングカー選手権ドライバーランキング10位という実績に加え、海外ではWRCの英国RACラリー連続参戦、入賞、ドイツ・ニュルブルクリンク24時間レース入賞など、豊富な実績。モータージャーナリストとして四半世紀以上のキャリアを持つ。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、AJAJ会長。

  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ