【スバル インプレッサWRX STI 試乗】プレミアムスポーツの仲間入り…木下隆之

[スバル]
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全5枚]

激辛路線をひた走ってきた『インプレッサWRX STI』も、新型になって180度コンセプトをかえて登場してきた。硬い足とハイグリップなタイヤだけをたよりに、強引にタイムに挑む姿勢を捨てて、しなやかに路面をとらえることにしたようなのだ。

だから、ロール感はけして少なくない。前後左右に深く姿勢変化する。ステアリングの切れ味も、これまでよりも穏やかだ。だが、インプレッサが走りを捨てたわけではまったくない。むしろその逆で、走りの完成度は格段に高まっている。走行フィールが上質になったのだと思うのだ。

パワーを叩き付ければリアタイヤが激しくスライドし、それをセンサーして急激にアンダーに転じる、などといった荒々しい操縦性は影を潜め、つねに弱アンダーステアをキープするような、知的なフットワークなのである。

インプレッサはこれでプレミアムスポーツの仲間入りを果たした。こと走行性能に関してはそう断言する。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア・居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

木下隆之|レーシングドライバー、モータージャーナリスト
学生時代からモータースポーツをはじめ、出版社・編集部勤務を経て独立。クルマ好きの感動、思いを読者に伝えようとする。短編小説『ジェイズな奴ら』も上梓。日本・カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。「心躍るモデルに高得点を与えるつもり」。

  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ