【ホンダ フィット 試乗】気に入らないのは…松下宏

[ホンダ]
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全5枚]

大ヒットした初代『フィット』の良さを受け継ぎながら、不満を指摘された点を解消してきた。大きく変わったのは乗り心地で、硬さが取れて格段に優れた乗り心地を示すようになった。同時にステアリングのフィールもフリクションのないすっきりしたものになった。

「DSI」エンジンから「VTEC」に変更されたエンジンも吹き上がり、動力性能とも不満はなく、ボディがやや大きく重くなったにもかかわらずコンパクトカーでトップの24.0km/リッターを維持したのは立派なもの。

ボディを大きくしたこと自体はいい悪い両方があると思うが、大きくなったぶんだけ従来から広かった室内空間がさらに広くなり、シートアレンジなどの使い勝手も向上した。

気に入らないのは、海外向けフィットの『JAZZ』には標準装備する後席中央の3点式シートベルトやヘッドレストが国内向けのクルマには設定されていないこと。日本のユーザーを大事にする日本の自動車メーカーであって欲しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ