【スバル フォレスター 試乗】唯一の難点はAT…松下宏

[スバル]
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全8枚]

「ステーションワゴンに由来するSUV」といった初代の独特の位置付けを捨てて、SUV市場のど真ん中に参入してきたスバル『フォレスター』。もっとも気になるのは重心高が高くなることで走りのバランスがどうなるかということだったが、これが想像した以上によかった。

水平対向エンジンの素性のよさを生かした「SI」シャシーにより、バランスの取れた走りを実現している。

搭載エンジンは4気筒2.0リットルの自然吸気DOHCとDOHCターボの2機種。自然吸気エンジンはDOHCに変更されて動力性能が向上した。実用エンジンとしてじゅうぶんな性能といえる。ターボ仕様はSUV用にやや抑えたチューニングながら大きくなったボディに対しても余裕じゅうぶんの実力を示してくれる。

全車に標準装備された横滑り防止装置のVDCも、ドライのオンロードでは控えめで本当に必要なときに機能を発揮する設定とされている。唯一の難点はATが4速であること。今では5速か6速、あるいはCVTが通り相場だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

松下宏|自動車評論家
自動車そのものはもとよりクルマに関連する経済的な話題に詳しい自動車評論家。新車、中古車を含めてユーザーサイドに立った的確な購入アドバイスを語ることで定評がある。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。小さくて軽いクルマを高く評価するという姿勢で一貫している。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ