【ホンダ フィット 試乗】超の付く優等生…熊倉重春

[ホンダ]
  • original
  • original
  • original
  • original
  • original

写真をすべて見る[全6枚]

知らなければ先代と区別できないほどの現行『フィット』。あれほどの大ヒット作だけにイメージを変えなかったのだが、そのぶん第一印象の新鮮さは乏しい。しかし依然としてヒットチャートのトップを占めていることからもわかる通り、クルマとしての出来は超の付く優等生だ。

もともと小型車としては異例に広かった室内はさらに拡大され、後席のアレンジによる多用途性にも磨きがかかっている。

内装のグレードアップなどのため全体に静かになっただけでなく、走行感覚にも重厚さが増して、1クラス上の快適さも実現している。

エンジンとCVTとの相性も抜群だ。一部には5速MTの車種もあり、カチカチ快いシフト感覚がスポーティだが、燃費はCVT仕様に及ばない。

コーナリングの身軽さは、前席の下に燃料タンクを置く独特の設計の効果だが、瞬間的な運転操作に小気味よく反応する点だけは、先代の方が上だったかもしれない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★★

熊倉重春|モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。

  • original
  • original
  • original
  • original
  • original
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ