【マツダ アテンザ 試乗】意外ともいえる印象…松下宏

[マツダ]
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全6枚]

初代『アテンザ』がマツダ再生のキッカケになったモデルで大ヒットしたこともあり、2代目はキープコンセプトでキャリーオーバーした要素も多い。ともすればつまらないクルマになってしまいがちなところだが、全体的なまとまりはよい。

新搭載の2.5リットルエンジンはパワー&トルクの数値こそ平凡だが、従来の2.3リットルエンジンに比べると動力性能を向上させながら燃費性能も向上させている。しかもレギュラーガソリン仕様なので経済的だ。

5速ATはマニュアル操作も可能だが、変速レスポンスは俊敏というほどではなかった。

やや意外ともいえる印象を受けたのは、乗り心地のよさ。初代モデルに限らずマツダ車は一般に、硬めでスポーティさを強調する乗り味のクルマが多いが、今回のアテンザはコーナーでゆったりとロールして優れた乗り心地を感じさせる。マツダ車のイメージを変えるような乗り味だった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ