【レクサス IS-F 試乗】大パワーの代償…島下泰久

[レクサス]
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全7枚]

大いに迫力を増した外観が、走りへの期待を否応なく盛り上げるレクサス『IS-F』。実際、その走りは昂揚した気分に十二分に応えるものといえる。

何より刺激的なのはパワートレインだ。その5.0リットルV8エンジンは、回していくと3600rpmを境に吸気音が一気に高まり、豪快なパワーを伴いながらトップエンドまで一気に昇り詰める。

しかも、それを操る8速ATは2速以上ではトルクコンバーターを介さず、まさに電光石火の変速が可能。思わず必要もないのにシフトパドルに触れてパワーと吹け上がりの快感を貪ってしまう。

ただし、大パワーの代償として乗り心地は硬め。ショックの角は丸められているし、快適性はこの手の車種では許容範囲と思うが、首都高のようなうねりや継ぎ目の連続では辟易させられる面もある。使い方や使う場所で評価はけっこう左右されそうだ。

しかし、それも含めてこのクルマの刺激と受け取れるならば、これほど強くスポーツマインドを味わえる日本車はそうはないといえるだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

島下泰久│モータージャーナリスト。
クルマの基本である走りの楽しさから、それを取り巻く諸々の社会事象、さらには先進環境・安全技術まで、クルマのある生活を善きものにするすべてを守備範囲に、専門誌から一般誌、各種ウェブサイトなどに執筆。初の著書『極楽ガソリンダイエット』(二玄社刊)発売中

  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ