【VW ティグアン 試乗】気になるとすれば…日下部保雄

[フォルクスワーゲン]
  • original
  • original
  • original
  • original
  • original
  • original
  • original
  • original

写真をすべて見る[全9枚]

正直、これはお買い得だと思った。コミコミ360万円と言う数字は国産SUVにとっても脅威になる数字だ。2.0リットルの直噴ターボはパワフルだし6速ATと相まって実用燃費も優れている。

AWDはスタンバイタイプで、本格的なクロカンほどの駆動力はないが、遭遇するほとんどの路面では強力な走破性を発揮した。また下り坂制御のヒルディセントはアクセルにも連動して使いやすくなっているし、ヒルスタートも利便性が高い。

オンロードではSUVらしくないハンドルの応答性を見せるので、やや背の高い乗用車ぐらいの感覚で運転できる。これに後付けで装備するとすればナビぐらいだろうが、それでも400万まででは届かない。

気になるとすれば発進時に気を使うことだ。小さいとは言えターボラグがあって、それがためにスタートではアクセルを微妙にコントロールしなければならない。ましてオフロードを走るとなると、もう少し穏やかな発進性が求められる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
お勧め度:★★★★★


日下部保雄|モータージャーナリスト
学生時代よりモータースポーツに傾倒する。全日本ラリーチャンピオンシップAクラスチャンピオン、全日本ツーリングカー選手権ドライバーランキング10位という実績に加え、海外ではWRCの英国RACラリー連続参戦、入賞、ドイツ・ニュルブルクリンク24時間レース入賞など、豊富な実績。モータージャーナリストとして四半世紀以上のキャリアを持つ。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、AJAJ会長。

  • original
  • original
  • original
  • original
  • original
  • original
  • original
  • original
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ