【アウディ R8 V10 試乗】掌がじゅぅわっと縮む…西川淳

[アウディ]
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全5枚]

ようやく“本当の”アウディ『R8』がやってきた。そして、名実ともにスーパーカーの仲間入りを果たした。V10搭載の新グレードに試乗して、まず思ったことがそれだ。

従来のV8モデルでも十二分のポテンシャルがあったし、相当な手練を悦ばせるに十分なボディ&シャシー性能を誇っていた。ただ1つ、エンジンの官能性能が物足りなく、スーパースポーツカーの条件を完全には満たしていなかったように思う。

03年のコンセプトカー、『ルマンクワトロ』にようにV10を積んでくれれば……。525ps直噴V10搭載で、唯一の瑕疵が払拭された。0-100km/h加速4秒切りは正にスーパーカー領域。豪快なV10サウンドとミッドシップ+クワトロ(といってもランボルギーニ方式)による強力なトラクションを伴った、掌がじゅぅわっと縮む強烈な加速フィールが、ドライバーを虜にする。

ボディやシャシーの設計に変更はないが、もとより強靭。腕さえあれば、相当に楽しめそう。問題は、V8の存在意義だ。それが価格だけという状況は、スーパーカー新参者にはちょっとつらいかも。

■5つ星評価(スーパーカーとして)
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

西川淳|自動車ライター
昭和40年生まれ、奈良県出身。スーパーカーをこよなく愛し、イタリア車に大いにはまりながらも、高性能ドイツ車を尊敬してやまず、新旧日本車もカワイクて仕方がない。三国同盟的浪花節クルマおたく

  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ