【ホンダ インサイト 試乗】超デキの良いスーパーチャージャー…長嶋達人

[ホンダ]
  • original
  • original
  • original
  • original

写真をすべて見る[全5枚]

燃費を意識したボディデザインにしようとすると、みんな同じカッコになる?

流線型(ポテンシャル流)に近づけたいのは分かるけど、魚のシッポを切り取ったみたいなリヤビューは、『プリウス』にも『FCX』にも似てて、独創感がないのが寂しい。それに、無理に後方視界を良くしようとしたボディラインの影響で、ルームミラーの中に太いドアラインが横切ってしまうのは、かなり邪魔。

ハイブリッドシステムの走行感は、モーターの作用によって「超デキの良いスーパーチャージャー」がアシストするような加速時のフィーリングが絶妙。基本エンジンの排気量が1.3リットルだから、パワー感は大きくないが、軽量な重量にも助けられ、エンジン性能面での不満は特に感じない。

サスペンションは「普通のクルマ」としては、ちょっと硬めに感じる。ホンダ車の傾向として、初期仕様は硬めのサスというのが多いから、この点は次第に設定変更されるのかもしれない。

■5つ星評価
パッケージング:★★に近い★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

長嶋達人|自動車ジャーナリスト
1942年東京生まれ。自動車雑誌編集、自動車整備工場整備士、フロントマンの後、フリー自動車ジャーナリスト。チューニング、メンテナンス、メカニズム等の記事を中心に、多数の自動車雑誌に執筆。現在まで、自動車メカニズム関連単行本執筆10冊以上。過去個人所有したクルマは、5.7リットル・V8エンジン搭載の米国製スポーツカー、国産ディーゼルエンジン搭載車、軽自動車など、好みの方向性に対する節操もなく十数台。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。二級ガソリン自動車整備士。

  • original
  • original
  • original
  • original
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ