【アルファロメオ MiTo 試乗】アバルト グランデプントとどっちを選ぶ?…吉田匠

[アルファロメオ]
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全10枚]

同じアルファの『8Cコンペティツィオーネ』のイメージを採り入れたスタイリングと、アルファロメオ誕生の地ミラノ、それにフィアットの本拠があるトリノから採った『MiTo』(ミト)というネーミング。このベイビーアルファ、お洒落感覚に満ちたクルマである。

しかしてその実態は、アバルト『グランデプント』と基本的に共通するメカニズムで成り立ったアルファで、フロントがストラット、リアがトーショナルビームの脚を持つホイールベース2510mmのシャシーの基本は両者に共通するし、155psを発生する1.4リットル4気筒ターボエンジンのスペックも、組み合わせられる6段MTもアバルトと同じものだ。ただし車重は1220kgと、ミトの方が20kg軽い。

走ってみると、僕が乗ったミトは走行距離が1000kmに満たない新車だったことがたぶん影響して、エンジンの反応があまり軽快ではなく、サスペンションも動きも硬かった。結果、タイヤも同じ215/45R17のピレリなのに、バネ下のバタつきはミトの方が大きく感じられ、ドライビング感覚はアバルト・グランデプントの方がむしろ爽快な印象だった。

ブランドの好みとスタイリングの好みで選ばれるクルマだと思うが、走りの気持ちよさで選ぶと、僕ならアバルト・グランデプントを採るかも。プライスも15万円安いし……。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

吉田匠│モータージャーナリスト
1947年4月22日生まれ。青山学院大学卒業と同時に自動車専門誌『CAR GRAPHIC』の編集記者としてニ玄社に入社。スポーツカーのロードテストなどを主として担当し、ヒストリックカー、ツーリングカー、FJなどのレースにも参戦、優勝経験もけっこうあり。1985年、フリーランスのモータージャーナリストとして独立。自動車専門誌や一般誌に記事を執筆する。現在の愛車は 1970年アルファロメオ『ジュニアZ』、1991年ポルシェ『911カレラ2』、2005年VW『ゴルフGLi』。

  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ