【VW ゴルフ 試乗】“走りの質×サイズ”でクラスレスを実現…西川淳

[フォルクスワーゲン]
  • original
  • original
  • original
  • original

写真をすべて見る[全5枚]

トヨタ『プリウス』は新しい価値である“ハイブリッド×価格”で既存のヒエラルキー破壊を引き起こしかけているが、対して『ゴルフ』は古くからの価値である“走りの質×サイズ”でクラスレスを実現しようとしているのだと思う。

いずれも、これまでの自家用車の価値観を覆す存在であるが、好対照で面白い。

新しいゴルフには、もちろんTSI+7DSGという、これまた走る歓び×環境対策を両立する技術がある。注目に値するが、実際に試乗した後では、それすら枝葉末節に思えてしまうくらい、性能と機能の完成度が高い。特に、このクラスとしては異例に静かなアイドリング状態にはほとんど絶句。マジでエンジンが止まったかと思った。

そのほか乗り心地全般、特に高速域における絶品の安定性は、ひょっとすると2クラス上の領域に達しているかも。いや、実用上で考えれば、3つ上だって賄えそうだ。そこらと比べて足りないのは、すべてを蹴散らす大パワーと目に見える内装の質感くらいなもん。継ぎ目や塗装のギャップを超えるときのタンタンタンと軽快なこなし様ったら! 機械が熟するとはこのことだろう。

あまりにも優等生すぎて、面白くもかわいくも何ともない。もっとも、特殊な味付けのクルマじゃないからこそVWゴルフは、多くの人にオススメできるというわけ。新しいもの好きにはプリウスを勧めるが、クルマ好きや運転のベテランにはこっちを推そう。そういう人なら、完成度の高すぎるところにも何らかの価値を見いだしてくれそうである。

■5つ星評価
パッケージ:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
おすすめ度:★★★★★

西川淳|自動車ライター
昭和40年生まれ、奈良県出身。スーパーカーをこよなく愛し、イタリア車に大いにはまりながらも、高性能ドイツ車を尊敬してやまず、新旧日本車もカワイクて仕方がない。三国同盟的浪花節クルマおたく。

  • original
  • original
  • original
  • original
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ