【ポルシェ 911GT3 試乗】20ps増しでも乗り心地はより洗練…吉田匠

[ポルシェ]
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全9枚]

タイプ「997」と呼ばれる現行ポルシェ『911』は去年、その後期型にビッグマイナーチェンジし、徐々にそのバリエーションを増やしてきたが、つい最近、公道走行用モデルのなかで飛び切り硬派な「GT3」が、後期型に変わった。

レース仕様のベースモデルにもなるGT3は、空冷エンジンと同様の構造を持つ通称「GT1タイプ」のクランクケースを持つ水冷エンジンを搭載する。その基本は997後期型も変わらず、排気量が前期型までの3.6リットル から3.8リットルに拡大されて、パワーは415psから435psにアップした。トランスミッションには「PDK」登場かと思いきや、3ペダルの6段MTのみ。MTの方が軽いのがその第一の理由だという。

性能は前期型より確実に向上しているが、走り始めてすぐに感じたのは、乗り心地がよくなっていることだった。当然普通のカレラよりは硬いが、でも決して粗っぽくなく、これなら毎日でも乗っていられるレベルにある。エンジンが中速域から軽快に反応するのも印象的で、これも乗り易さを大いに高めていた。

とはいえ、GT3は乗り易ければいいという911ではない。南ドイツのアウトバーンでは250km/hで安心のクルージングを敢行、ワインディングでは路面に張り付いたようなコーナリングを見せつけて、GT3ならではの濃密なドライビングプレジャーを示してくれた。

■5つ星評価(スパルタンなスポーツGTとしての評価)
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

吉田匠│モータージャーナリスト
1947年4月22日生まれ。青山学院大学卒業と同時に自動車専門誌『CAR GRAPHIC』の編集記者としてニ玄社に入社。スポーツカーのロードテストなどを主として担当し、ヒストリックカー、ツーリングカー、FJなどのレースにも参戦、優勝経験もけっこうあり。1985年、フリーランスのモータージャーナリストとして独立。自動車専門誌や一般誌に記事を執筆する。現在の愛車は 1970年アルファロメオ『ジュニアZ』、1991年ポルシェ『911カレラ2』、2005年VW『ゴルフGLi』。

  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ