【プリウス プロトタイプ 試乗】オーリス 譲りの安定性と居住性…松田秀士

[トヨタ]
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全5枚]

ホンダ『インサイト』はエンジンと直結した1つのモーターが発電と駆動の両方をこなす「IMA」と呼ばれるマイルドHV(ハイブリッド)。対するトヨタ『プリウス』は発電用と駆動用の2つのモーターを装備する「THS-II」と呼ばれるフルHVに種別される。

このシステムの特徴は、インサイトがエンジン主導型(モーターはエンジンと常に一緒に回る)なのに対して、プリウスではプラネタリーギヤ(動力分割機構)を介してエンジンとモーターとを一緒にも個別にも駆動させることが出来る(+発電機)。

プリウスがこの方式を採用する理由は、可能な限りエンジンを停止させることが出来るからと、将来のプラグインHVへの移行がスムーズに行えるからだ。

インサイトでは、モーターやバッテリーのシステム重量を落として軽量化し燃費性能を稼いでいる。その結果、モーター出力などは落としているのだ。

対するプリウスは、リダクションギヤ(トルク増幅ギヤ)の採用を含めてモーター出力を上げエンジンも1.5リットル→1.8リットルへと排気量アップしシステム出力は136ps(+23ps)となった。エンジンの排気量アップによって、高速走行時のエンジン回転数を約15%低くすることでこれまで苦手とした高速燃費を向上させている。他に、エアロダイナミクスもCd値0.25というすさまじい値だ。

しかし、今回のプロトタイプ試乗で見えてきた進化は、『オーリス』をベースとした車体の安定性の高さ居住性の良さだ。とにかく静かで乗り心地が良い。ショートサーキットランでは相変わらず重くバンプラバーに頼っているが、ロール剛性をアップしたサスペンションがしっかりと機能していた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

松田秀士|レーシングドライバー/モータージャーナリスト/僧侶
スローエイジングという独自の健康法で53歳の現役レーシングドライバー! SUPER GTをランボルギーニ『ガヤルド』で戦っている。INDY500など海外レース経験も豊富で、確かな知識と国際感覚でクルマの評価を行う。 2008-2009日本カーオブザイヤー選考委員。

  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ