【アウディ Q5 試乗】トルク感に優れる2.0リットルターボが好ましい…松下宏

[アウディ]
  • original
  • original
  • original
  • original

写真をすべて見る[全5枚]

塊から切り出したような存在感とクーペのようなルーフラインは、SUV的な力強さと都会的なカッコ良さをうまく合わせたデザインだ。ただし、ボディの全幅は1900mmとかなり大きい。国内では使い勝手に制約を受けるシーンがあるのは止むを得ない。

「2.0TFSI」も「3.2FSI」もどちらも動力性能は十分。車両重量も1900kg台とけっこう重いが、その重さを感じさせない軽快感のある走りを実現する。特にトルク感に優れる2.0リットルターボのほうが好ましい印象だった。ともに7速のSトロニックと組み合わされており、変速フィールの気持ち良さも特筆モノだ。

試乗車が2台とも専用のスポーツサスペンション+19インチタイヤを備えた「Sライン」パッケージ装着車だったことが影響してか、足回りは相当に硬めの印象。高速道路のレーンチェンジでもほとんどロールしない安定感は良いが、街中などではアウディドライブセレクトをコンフォートにして走るとちょうど良いくらいだった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

松下宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

  • original
  • original
  • original
  • original
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ