【BMW Z4 試乗】本気で欲しいクルマが増えた…岡本幸一郎

[BMW]
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全9枚]

初代『Z4』にクーペが追加されたとき、リトラクタブルハードトップでないことを残念に思ったものだが、あれだけ丸いルーフ形状を実現するには、固定式のトップじゃないと無理なんだろうと思った。しかし新型Z4では、初代のクーペと同等の丸さを持ちながらもリトラクタブル方式を実現したことに驚いた。

初代Z4では、やがてその印象が180度変わって好みに転じたものの、当初は少々いびつなデザインだと感じたものだが、新型Z4はすぐさま目になじんだ。写真よりも実車はさらにスタイリッシュ。ナマで見て初めてわかった凝った面構成が素晴らしい。ボリューム感あるリアビューには『Z8』の面影を感じた。

いざドライブすると、ここ2年ほどの間に発売されたクルマの中でトップレベルの気持ちよさ。動力性能は、いうまでもなく3リットルターボ+DCTを積む「35i」の圧勝だが、2.5リットル+6速ATの23iも、どちらもそれぞれ素晴らしい。23iでも十分満足。ましてや価格差は170万円だ。

フットワークも素晴らしい。よく動く足まわりは、路面の凹凸をなめるようにいなしながら、吸い付くように粘り、限界性能も驚くほど高い。このあたり4輪ストラット式の『ボクスター』/『ケイマン』をもしのぐ。

ランフラットタイヤは、標準の17インチもスポーツパッケージの18インチも同様に不快な硬さは感じられず、極めてしなやか。ただ、17インチを履いた「23i」のほうが全体的に軽快で好印象だった。筆者なら、たとえ資金に余裕があっても23iを買う。それにしても、またしても本気で欲しいクルマが増えた…。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

岡本幸一郎|モータージャーナリスト
ビデオマガジン『ベストモータリング』の制作、自動車専門誌の記者を経てフリーランスに転身。新車から中古車、カスタマイズ事情からモータースポーツ、軽自動車から輸入高級車まで、幅広い守備範囲を誇る。「プロのクルマ好き!」を自負し、常にユーザー目線に立った執筆を心がけている。

  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ