【BMW 5シリーズ 試乗】進化を重ね完成度に磨きをかけた…萩原秀輝

[BMW]
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible

写真をすべて見る[全7枚]

アッパーミドルクラスのサルーンと言えば、どのブランドでもコンサバな存在になりがちだ。だが、BMW『5シリーズ』は違う。フロントマスクからして、その目つきは猛禽類の鋭さを感じさせ『3シリーズ』よりもアグレッシブな印象がある。

さらに、5シリーズはBMWが持つ最先端のテクノロジーをフルに投入したイノベーションを感じさせるモデルでもある。たとえば、ボディはAピラーよりも前をアルミニウム製とし、後は(Aピラーを含む)スチール製となるハイブリッド構造を採用。前側を軽量化することで、大排気量エンジンを搭載しても前後重量配分の最適化を実現している。

ステアリングには、ギア比を低速域ではクイックに、中速域まではその状態を維持し、高速域になるほどスローに連続可変制御する機能(アクティブ・ステアリング)が組み合わされている。アクティブ・ステアリングにより、車庫入れなどの極低速域ではステアリング操作がラクになる。山岳路を駆けぬけるような中速域では、ステアリング操作に対して小気味よい応答性が得られる。長距離を走り続けるような高速域では、ステアリング操作に対する応答性が穏やかになるので安心感が際立ってくるのだ。

さらに、サスペンションにはスタビライザーの強さを連続可変制御し、コーナーリング中にボディのロールを抑え直進時の快適性を向上させるダイナミック・ドライブを用意。また、タイヤがパンクをして空気圧がゼロになっても走行の継続が可能なランフラット・システム・コンポーネンツも標準装備する。

しかも、5シリーズはそうした最先端のテクノロジーを投入しただけではなく、継続的に進化させている点でも注目できる。アルミニウム製のボディにありがちな、突っ張ったような振動の伝わり方を改善。アクティブ・ステアリングも、機能を維持しつつ自然な反応を示すようになっている。サスペンションの動きがしなやかになりタイヤも進化したため、デビュー当時に感じた接地感の硬さとも無縁でいられる。

もちろん、エンジンはどの仕様を選んでもアクセル操作に対して即応し、音と吹き上がり感によって官能を刺激するような特性を備えている。このように、5シリーズはデビュー以来6年目に突入しているが、進化を重ね完成度に磨きをかけた最新モデルは現在でも競合モデルに対抗できるだけの魅力を備えている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

萩原秀輝|モータージャーナリスト
学生時代より自動車誌にてスタッフを経験、卒業と同時にレポーターになる。評価にあたってはアラ探しをするのではなく「乗る人の利益を前提にそれがどう満たされているかを見出す」ことを重視。また、確かな走行理論を基に各種の安全運転教育の講師を務め、これまでの受講者は累計で10000人を越える。最近は、6月に発刊されるプレミアム系SUVの専門誌のスーパーバイザーを務め、取材作業に忙殺されている。

  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
  • reproducible
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ