【トヨタ プリウス 試乗】日常の足として1台欲しい…岡本幸一郎

[トヨタ]

発売1か月で18万台超という驚異的な受注台数のニュースには本当に驚いている。安価な価格設定だけでなく、エコカー減税に助成金と好要因がそろったのも大きいが、肝心のクルマ自体の訴求力なくして、この数字はなかったはず。

それは、ハイブリッドカーである以前に、野暮ったさが薄れスタイリッシュになったルックスもそうだし、ちょうどよいボディサイズやパッケージングという基本的な部分も大きいのではと思っている。これでハイブリッドじゃなくてもそこそこ売れたんじゃないかと思えるほどだ。

すでに何度かドライブしているが、あくまで「プリウスで」という前置きをしたいものの、これだけ走れるのであれば不満はない。最大のライバル車とともにロングランテストにも行ったのだが、走りのよさと燃費のよさはライバルに比べても印象的だった。これまでハイブリッドカーに興味のなかった筆者も、日常の足として1台欲しくなったほどだ。

ところで最近、せっかくの『プリウス』で、高速道路の追い越し車線を制限速度のはるか上で飛ばす輩がやたらと目につく。この行為は効率面でもまったくよろしくないし、イメージも非常に悪い。

それでもまあまあの燃費で走ってしまうのがプリウスではあるのだが、そんなドライバーに対して、インジケーターよりももっとわかりやすく「あなたは効率が悪いことをしている!」と知らせる機構を望みたい。ようするにプリウスに乗ると飛ばしたくなくなるような仕掛けである。

そして、ゆくゆくは「プリウスで飛ばすのは恥」というイメージが定着するよう願いたい。そうなってこそプリウスは正真正銘の「エコカー」だと思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★★


岡本幸一郎|モータージャーナリスト
1968年富山県生まれ。学習院大学卒業後、自動車メディアの世界へ。自動車情報ビデオマガジンの制作、自動車専門誌の記者を経て、フリーランスとしての活動を開始。軽自動車から輸入高級車、最新モデルからヒストリックカー、カスタマイズ事情からモータースポーツまで、幅広い守備範囲を自負する。「プロのクルマ好き」として、常に読者にとって役に立つ情報を提供できるよう心がけている。現在はウェブ媒体を中心に執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ