【ダイハツ タントエグゼ 試乗】ロールを大切にした欧州車風な走り…松田秀士

[ダイハツ]
  • タントエグゼ
  • タントエグゼ
  • タントエグゼ
  • タントエグゼ
  • タントエグゼ

写真をすべて見る[全6枚]

ダイハツの軽自動車の乗り心地とハンドリングには欧州車の味がする。とくに、ステアリングを切り始めたときにクルマが応答する特有の間が個人的に好きなのだ。

サスペンションを固めてゆけばステアリングに対する反応がはっきりし、車重の軽くホイールベースが短い軽自動車ではロールよりも先にヨー方向(横方向の動き)の向きを変えようとする動きが先走る傾向が出る。

このロールとヨーの駆け引きがスポーティーとコンフォートとを折衷させる作り手の腕の見せ所でもあるのだが、ダイハツ車はロールのフィーリングを大切にしながらステアリングへしっかりと応答感を伝えてくれる。

ロールを大切にしているから、ステアリングを切り込んだときの深い操舵の重みがしっかりとドライバーに伝わるのだ。これらは、しっかりとしたボディー剛性が達成できているからこそ作り上げることができた操縦性だ。

個人的には、フロントにスタビライザーを装着したターボモデルよりも、非装着のベーシックモデルのハンドリングが好みだ。とにかく、足の動きが分かりやすくロールが深くなっても不安感がない素晴らしいフットワークだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

松田秀士|レーシングドライバー/モータージャーナリスト/僧侶
スローエイジングという独自の健康法で53歳の現役レーシングドライバー! SUPER GTをランボルギーニ『ガヤルド』で戦っている。INDY500など海外レース経験も豊富で、確かな知識と国際感覚でクルマの評価を行う。2009-2010日本カーオブザイヤー選考委員。

  • タントエグゼ
  • タントエグゼ
  • タントエグゼ
  • タントエグゼ
  • タントエグゼ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ