【ルノー メガーヌエステートGT 220 試乗】オーセンティックなセンスが光る…島崎七生人

[ルノー]
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人

写真をすべて見る[全9枚]

搭載エンジンはあの『メガーヌRS(ルノー・スポール)』と同じ。型式=F4R型の2リットルDOHC16バルブツインスクロールターボで、6速MTが組み合わせられる。

220ps/34.7kg-mの性能は、RSより幾分かデチューンされた数字だ。とはいえワゴンで0-100km/h加速7.6秒というから侮れない。試乗の瞬間、あろうことか雨が降りだした。なので恐る恐るアクセルを“押して”みた。すると、低回転から厚みのあるトルクと、許容範囲まで衰え知らずのパワーを実感。ウエットでも前輪が暴れるような素振りが皆無なのはさすが。

最初は手応えを感じるシフトとクラッチペダルも、走り込むと、その頃合いがちょうどいいことがわかる。ワゴンだがハンドリングも乱れず、乗り味もハードだが最後のショックは丸められ、不快感はない。

赤いラインの入った室内は、シックでスポーティな雰囲気。LEDポジションライトが付く最新デザインがベースの外観も、さり気なく安心して乗っていられていい。オーセンティックな文法に則った高性能車ながら、決して古臭さを感じさせないセンスが光る。アイドリングストップも効く。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
  • ルノーメガーヌエステートGT220撮影:島崎七生人
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ