【三菱 エクリプスクロス 試乗】まるで現代に復活したホットハッチのようだ…諸星陽一

[三菱]
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》

写真をすべて見る[全13枚]

世界的に大きな市場となりつつあるのがミドルクラスのSUV。三菱はこの市場での商品力強化のため『エクリプスクロス』を送り込んだ。

エクリプスクロスは『アウトランダー』のプラットフォームを用いて作られたモデルだが、ボディサイズ的には『RVR』とアウトランダーの中間に位置する。この3車はいずれもミドルクラスSUVと言ってもいいモデルだが、エクリプスクロスはミドルクラスのなかのミドルクラスと言えるサイズ、RVRはコンパクトに近く、アウトランダーはミドルのなかでも大きめなモデルだ。

エクリプスクロスのサイズをアウトランダーと比べるとホイールベースは同一、全幅はエクリプスクロスが5mm広く、全長は290mmも短い。そして全高は25mm低いのだ。エクリプスクロスの魅力の第一はこのプロポーション。「とにかくかっこいいクルマにしたかった」と開発者が言うとおり、パッと見てかっこよく、存在感を感じることができるクルマだ。

走らせるととにかくその軽快さにびっくりさせられる。エクリプスクロスに搭載されるエンジンは1.5リットルの4気筒ターボで、組み合わされるミッションはCVT。最高出力は150馬力、最大トルクは240Nmと現代のエンジンとしては特筆に値するほどのスペックではないが、NAエンジンのようにフリクションを感じさせずに吹け上がる気持ちよさはなかなかのもの。それでいて、2000回転くらいにちょっとトルクがググッと盛り上がるタイミングがあるなどスパイスの効かせ方もうまい。

ハンドリングも秀逸だ。試乗車は4WDなので、S-AWCが装備される。S-AWCは前後とトルク配分と左右の駆動力&制動力制御、横滑り防止制御、ABSなどを統合制御する機構。いわば味付け次第でハンドリングはある程度自由となるが、エクリプスクロスはクルマ好きが飛びつくようなスポーティでシャープな味付けが与えられた。

乗り心地はしっかり確保されている足まわりだが、ステアリング操作に対する挙動の遅れはほとんどなく、切り込んでいくとスッとノーズが向きを変える。気持ちがいいのはこのあとだ。アクセルを踏んでいっても、クルマが外に膨らむことなく、ねらったとおりのラインを描いていく。こう走って欲しいなと思う通りのラインを通るのだ。言ってみれば「こう走って欲しい」の考え方が、開発者と同じということになる。

現在、世界的に大ヒットしているジャンルがミドルSUV。つまり、現代のクルマのスタンダードなスタイルがSUVなわけだ。そのなかでこうしたスポーティな走りを実現したということは、かつて実用的なコンパクトカーなのにスポーティで楽しかった“ホットハッチ”と同じではないかと私は思う。

4WDモデルのベーシックモデルなら300万円を切る価格設定もうれしいエクリプスクロスは現代に復活したホットハッチ、と言ってもおかしくないだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。

  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
  • 三菱 エクリプスクロス《撮影 諸星陽一》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ