乗り心地に特化したチューニングで新しい世界を切り開く…無限 オデッセイ 試乗

[その他]
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》

写真をすべて見る[全10枚]

チューニングというとスポーツ性を高めるのが基本になっていて、どうしても乗り心地や快適性は犠牲になるのがあたり前という印象が強かったが、無限はこの壁を破り、乗り心地重視のモデルを世に出した。

今回試乗した『オデッセイ』はそうしたコンセプトを生かしたモデルで、サスペンションは無限としては初の乗り心地重視のセッティングとなっている。具体的にはスプリングはリヤ側を柔らかくしてフロントのレートはそのまま、ショックアブソーバーはとくに縮み側を柔らかくしている。

このセッティングは絶妙で、ゆったりした乗り心地を実現している。単純に柔らかくするだけなら簡単だが、必要なハンドリング性能を残しながらも乗り心地を確保している部分が秀逸なのだ。ホンダ車、それも無限というブランドでチューニングされたクルマが、ハンドリングを犠牲にしていたら大問題だ。きちんとした動きを確保したうえで、快適な乗り心地を実現している部分が優秀。自分で運転した後にセカンドシートに乗ってみたが、その際の乗り心地もよかった。試乗コースの群馬サイクルスポーツセンターは路面が荒れているが、路面の段差なども上手に吸収してくれる。

ファミリーカーとして十分な性能を確保している無限オデッセイだが、そのスタイリングも見逃せない。装着されている各種エアロパーツはスポーティな雰囲気にあふれていて、オデッセイの持っているスポーツ性をさらにアピールできるタイプのもの。低い部分にメッキパーツをあしらっているので、高級感があるとともに夜間に照明当たった際のアクセントも効き高級感を演出できそうだ。

  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
  • 無限 オデッセイ《撮影 諸星陽一》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ