【インプレ'03】津々見友彦 スバル『レガシィ6』 エコとスムーズさが身上の6気筒エンジン

[スバル]

フロントバンパーデザインがスッキリとより洗練され、ルックスはいい。セダンもツーリングワゴンもハンドリングのよさは2リッターゆずり。高いサスとシャシー剛性で、正確なハンドリングができるのがウリだ。

また、ブレーキもガッシリと強力で安心。エンジンもいい。その第1はスムーズさだ。6気筒だから当然といえば当然だが、アイドリングも静かでスムーズだし、高回転域でも心地よくまた音色がいい。

よく頑張った! 低速トルクはもう少し欲しい気もするが、超低排出ガス取得を加味すると許せる。品よくバランスのいい走りの4WDだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワー&フットワーク:★★★★★
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ