【インプレ'03】日下部保雄 スバル『レガシィ6』 精緻という言葉がふさわしい一台

[スバル]

従来型の徹底したリファインを目指したのが、新型レガシィだ。とくにインプレッサとの関係からレガシィは3リッターに中心が移るだろう。

ポルシエとスバルだけのフラット6は、バルブリフト・タイミングともに可変でかなり大きな出力を出すが、全域フラットトルクで実用性は高い。スポーツ用にはまだ余力がありそうだ。

ハンドリングは低重心が効いており、安定したフォーム。従来型の3リッターよりかなり精度が上がっている。

セダンとワゴンではワゴンの完成度が高く、安定感はより高い。ランカスター改めアウトバックも独自性がある。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワー&フットワーク:★★★★☆
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ