【インプレ'03】日下部保雄 アウディ『A3』 コンパクトでも重厚さを感じる

[その他]

来年導入予定のゴルフVとプラットフォームを共用化しているが、サイズはさらに拡大。品質感はアウディの特徴で完成度は高い。

A3もこのクラスのスタンダードになるだろう。裏を返せば、もはやそれほどアドバンテージは感じられない。

直噴エンジンはフラットなトルク特性で、車重に対しては十分。レスポンスよく、実用域では期待どおりの追い越し加速が出来る。ATの連続感も軽快でエンジンとのコンビネーションもよく、相乗効果は高い。

ハンドリングはドイツ車らしい設定で、過敏ではない程度にシャープ。ゴルフよりも重さのあるチューニングだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワー&フットワーク:★★★★☆
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ