【インプレ'03】中谷明彦 スバル『レガシィ6』 デバイスにポルシェとのつながりを感じさせる

[スバル]

待望の3リッター・フラット6が追加され、新世代レガシィのラインアップはほぼ完成した。

車体、プラットホームには思い切ったコストをかけ国産車としては異例な工業製品としてのプロダクツ評価をあげたNEWレガシィだが、6気筒モデルではエンジン自体にも芸術的な作りこみが施されていた。

とくに可変バルブタイミング、可変バルブリフト機構は最新のポルシェ911ターボに採用されているものとほぼ同じシステムであり、ポルシェとの技術的交流があったであろうことが推測される。

走行フィールにはまだ不満もあるが、メカニズムが優秀なので進化も早いだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワー&フットワーク:★★★★☆
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


中谷明彦 | モータージャーナリスト
88年全日本F3チャンピオンをはじめ数々の戦歴を誇る現役レーサーとして、またカービデオマガジンや自動車専門誌などでのジャーナリスト活動も幅広くこなす。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。「中谷塾」主宰。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ