【インプレ'03】松下宏 スバル『レガシィ6』 ターボと異なった独自の世界を感じる

[スバル]

クルマやエンジンの排気量が大きくなっていくことは、必ずしもよいことではないが、新型レガシィに搭載された水平対抗6気筒の新しい3リッターエンジンは、それなりに価値のあるものだと思う。

水平対抗ならではのバランスのよさや重心の低さを持ち、2リッターのターボとは違ったトルク感のある走りを実現しているからだ。

GT系とは明確に味付けのことなるしっとりした感じの足回りも好感の持てるもので、やや年配の落ち着いたユーザーが乗るのに適している。

排気量分の差を考えると、GTに近い価格設定も十分にリーズナブルなものといえる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワー&フットワーク:★★★★★
装備内容:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ