【インプレ'03】両角岳彦 アウディ『A3』 4人が心地いい、上質コンパクトカー

[その他]

先代A3は、基本設計から走りまで、いささか造りの甘いクルマだった。しかも共用化を強行してゴルフを含めVW=アウディ・グループ全体の足を引っ張った。その反省からか、全てを刷新。

とくにパッケージング構築と足まわりの設計は面目一新。適度な大きさの4人乗り移動空間として納得ゆくものになった。

とくに運動能力、旋回時の挙動は適度に素直で懐が深い。マイナスは電動PS特有の人工的な舵感。消そうとはしているが…。

直噴エンジンも日本の悪しき先例群ほどではないがリーンバーン時のトルク応答がなく、リニアさをスポイルしている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワー&フットワーク:★★★☆☆
装備内容:---------
オススメ度:★★★★☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ