【インプレ'03】熊倉重春 スバル『レガシィ6』 特筆すべきは静粛かつスムーズであることだ

[スバル]

はっきりいって“過剰の産物”だ、レガシィの6気筒は。もちろん技術的な成果としては素晴らしい。4気筒とほとんど変わらぬサイズにロッパツを詰め込んだ凝縮のセンスなど、まさに小さな宇宙と呼びたい。

だからこれを搭載してもクルマ全体のバランスが崩れず、ひたすら滑らか一本槍でクルージングできる。価格の差を考えれば、アウディなど不要に思える瞬間さえある。

でも、じつはこの境地は4気筒でも味わえてしまう。むしろ踏む放すのメリハリでは4気筒の方が胸に刺さる。それを承知で6気筒に乗るなら、回転を抑えた真の静謐領域を常用すべし。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワー&フットワーク:★★★★★
装備内容:★★★★★
オススメ度:★★★☆☆


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ