【インプレ'03】桂伸一 スバル『レガシィ6』 スポーツプレミアムの味わいもつボクサー6

[スバル]

「スバルは、プレミアムを語る素質を手に入れたナ」。リニューアルしたボクサー6搭載の3.0R試乗直後の感想だ。

4気筒でも十分スポーティだが、新しい6気筒エンジンは、ポルシェと同様の可変バルブタイミング&リフト機構を備えたのがトピックだ。低速域では静かで滑らかでジェントル。それでいてリミット近くの7000rpmまで回すと、スポーツユニットに豹変する。

そのようすは、あたかもポルシェのように金属的な共鳴音が感じられ、レガシィであることを忘れさせるほど官能的。静と動のメリハリある性格は、「オトナの6気筒」と呼ぶにふさわしいエンジンだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワー&フットワーク:★★★★★
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


桂 伸一| モータージャーナリスト
クルマ雑誌編集部員を経て、フリーランスに。執筆活動やビデオマガジンのキャスターを務める一方で、レーシングドライバーとしても活躍。ダイナミクス性能に、トコトンこだわるインプレッションが好評。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ