【インプレ'03】松田秀士 スバル『レガシィ6』 鋭いエンジンピックアップは官能的だ

[スバル]

今までレガシィのラインナップに3.0Rのようなクルマがなかったんだよね。気品があって、でもどこかワル。新型になって、ターボはいっそうきちんとしてきた。だから、個性を内に秘めたモデルが欲しかった、と僕は思う。

メッキの輝きがさりげなくあって、どこか違う、と感じさせるエクステリア。そして、極めつけはやはり6気筒エンジン。低→高回転域までの勢いが衰えない鋭いレスポンス。そして排気音。国産エンジンで久しぶりに官能的という言葉を思い出した。

ダンパーに手を加えたのだろう、乗り心地が進化している。大人のスポーツセダンとして二重丸だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワー&フットワーク:★★★★★
装備内容:★★★☆☆
オススメ度:★★★★★


松田秀士| モータージャーナリスト
GTでフェラーリを駆る現役レーサー。INDY500やルマンなど海外レースにも積極的にチャレンジする。すでに49歳が目前という年齢ながら、まだまだ走る。モータージャーナリスト活動にも積極的。日本カーオブザイヤー選考委員。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ