【インプレ'03】森慶太 トヨタ『プリウス』 エコカーというより普通のクルマになってしまった

[トヨタ]

いかにも一般ウケする速さを手に入れ、実用燃費もたぶん少なからずアップした。そこらじゅうで拍手喝采。でも新型プリウス、ハイブリッド関係ヌキだとカローラ未満の魅力しかない。

ハイブリッドなしでもちょーぜつ素晴らしい(ほとんど例外的な)トヨタ車だった初代と違ってドラポジはヘンテコだし、あと室内の居心地もよくないし。そのへん、大幅に狂っちゃった。

正しいカタチの正しい反映としてステキだった外観も、もはや見る影なし。まるで別モノ。というわけで、ワタシ的にはプリウスは終わってしまった。正直、先代の中古がいますごくほしい。

■5つ星評価
パッケージング:★☆☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワー&フットワーク:★★★☆☆
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★☆☆☆☆


森 慶太|モータージャーナリスト
絶対的な速さやブランドや国籍はどーでもE。それと、スポーツカーとかミニバンとかのジャンル分けや下取りの有利不利も。よしあしの判断基準は「クルマとしてマトモか、マトモでないか」のただそれいっこ。ヨロシクね。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ