【インプレ'03】ピーターライオン トヨタ『プリウス』 ハンドリングを語れるエコカー

[トヨタ]

新プリウスは、今までのエコカーの批判をすべて吹き飛ばしてしまいそうだ。遅い、格好悪い(ま、新型が格好いいとはいっていないが)、走りが鈍い、という悪イメージはあったが、新型のパッケージングで、市場は見直すハズ。

とにかく速くなった。カローラ1.6リッターのガソリン仕様より加速はいい。でも、僕が何よりも嬉しかったのは、ハンドリング。

今回のプリウスは快適な乗り心地を保つと同時に、コーナリングも充分楽しめるようになった。ターンインが鋭いし、今まで鈍感だったステアフィールやブレーキペダルの反応がグーンとナチュラルに近付いた。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワー&フットワーク:★★★★☆
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


ピーター ライオン| モータージャーナリスト
60年オーストラリア生まれ。現在、欧米、日本の有力誌16誌に執筆し、合計部数は450万部と日本一。日本語の原稿を自分で書く唯一の外人モータージャーナリスト。COTY選考委員。愛車はレガシィB4。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ