【インプレ'03】佐藤久実 BMW『5シリーズ』 最新モードでも感じるスポーツテイスト

[その他]

電子制御を駆使したハイテクデバイスの塊みたいなクルマなのに、でしゃばったところがないのがエライ。

日本の速度域で乗ると、ステアリングの効きがシャープなのには最初驚くものの、慣れれば違和感もない。

ボディコントロールのうまさにさすがだ。強いインパクトもなく何も気にせず走れるというのは、サルーンカーの真髄。長く乗るほどによさがわかってくるクルマだろう。

洗練された走りは従来と異なるフィーリングだが、スポーティセダンのDNAは継承されている。7シリーズでは馴染めなかった新しいデザインも5シリーズはカッコいいと思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


佐藤久実| モータージャーナリスト
自動車専門誌などで執筆活動を行いつつ、大学やカルチャーセンターの講師として、また、安全運転やスポーツドライビングのインストラクターとして、クルマの魅力や付き合い方を提案。個人的にはオープンカーが好き。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ