【インプレ'03】松下宏 トヨタ『プリウス』 初代のネガを見事なまでに克服している

[トヨタ]

プリウスの走りは次元が違う。初代モデルでは不満も多かったが、今度のプリウスは加速フィール、ブレーキフィール、ハンドリングがいずれも高次元でまとめられている。

強いていえば、アクセルを踏み込んだ瞬間のフィールやステアリングのフリクションなどに多少の違和感が残るものの、ここまでよくなればハイブリッドを特別視しなくすむ。

操縦安定性を高めるS-VSCによるシャシー性能も注目されるところだし、車庫入れ支援装置はこれだけでプリウスを指名買いする人が出るのではと思わせる。5ナンバーで作れなかったのは仕方ないか。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ