【インプレ'03】松田秀士 トヨタ『プリウス』 アクセルを踏み込むだけでわかる進化の度合い

[トヨタ]

動力性能が旧モデルに比べアップした。停止時から動き出す瞬間の力強さは、電気モーターの特大トルクを実感。コーナーリング性能にも進歩を感じる。どんなコーナーでも旧モデルより10km/h近く旋回速度が上がった。ハンドリングがしっかりしてきたというところが見逃せない。

静粛性が高いのはハイブリットならではだが、それゆえタイヤの転がりノイズが大きく室内に反響する点が気になる。湿度も調整するエアコンなどキャビン内生活環境は◎。

例のパーキングアシストは画期的だけど、これがないと駐車できない人に車を運転する資格があるのだろうか?

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


松田秀士| モータージャーナリスト
GTでフェラーリを駆る現役レーサー。INDY500やルマンなど海外レースにも積極的にチャレンジする。すでに49歳が目前という年齢ながら、まだまだ走る。モータージャーナリスト活動にも積極的。日本カーオブザイヤー選考委員。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ