【インプレ'03】桂伸一 BMW『5シリーズ』 可変シャシーでBMWのスポーツ性は高まった

[その他]

アクの強いデザインで、好きか嫌いかがハッキリと分かれるのが最近のBMWのマスクとスタイリング。ただ5シリーズに関しては、いまやこのツリ目とシャープなエッジの効いたボディにも慣らされた(目が)気もする。

走りはまるでゴーカートのようにクイックだ。つまりわずかなハンドル操作でも小さなコーナーを曲がれるアクティブステアリングと、コーナーでもロール(ボディの傾き)を抑えるダイナミック・ドライブと呼ばれるアクティブに働くシャーシ機能のふたつが最大の特徴で、BMWのスポーツ性をさらに高めたセダンといえる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


桂 伸一| モータージャーナリスト
クルマ雑誌編集部員を経て、フリーランスに。執筆活動やビデオマガジンのキャスターを務める一方で、レーシングドライバーとしても活躍。ダイナミクス性能に、トコトンこだわるインプレッションが好評。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ