【インプレ'03】国沢光宏 トヨタ『プリウス』 2リッタークラスを越えるキャラに成長した

[トヨタ]

従来型のプリウスはクルマとしての魅力が薄かった。売れ筋でない4ドアセダンというだけでなく、スタイルだって普遍性ない。絶対的な動力性能は1.5リッターのカローラ並みで、2リッター車以上の価格設定とくる。環境派でないユーザーにとっちゃ選択肢に含まれなかったろう。

しかし! 新型は車格&動力性能共に2リッタークラスの平均を超える。走りも文句なし! ハンドル握った人の多くが驚くほど。使い慣れると自動バック装置(インテリジェントパーキングアシスト)はなかなか便利。買うなら10%程度燃費の良い16インチタイヤ仕様をすすめる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★★


国沢光宏| 自動車評論家
学生時代から執筆活動を開始。現在、CARトップ、ベストカーなどに寄稿する一方、AM/FM局でのパーソナリティ、WRC解説も行う。クルマ選びからドライビングテクニック、業界ニュースなど、広く深くが取材目標。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ