【インプレ'03】松下宏 ホンダ『ストリーム』 しゃきっとした乗り味に好感

[ホンダ]

マイナーチェンジとはいえ、けっこう気合いの入った変更が行われた。

1.7リッターの搭載エンジンは基本的に従来と変わらないが、足回りはアブソルートという新グレードに合わせ、しゃきっとした感じの引き締まった乗り味に変更されたのが好感の持てるところ。

ストリームは3列シートのミニバンだが、ほとんどのシーンはドライバーがひとりで運転しているのだから、しっかりした走りのクルマであったほうがよい。そう遠くない時期に2リッターの直噴エンジン搭載車も追加されるはずで、これにも期待しておきたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


松下 宏| 自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ