【インプレ'03】両角岳彦 ホンダ『ストリーム』 熟成して、よくなっているハズが……

[ホンダ]

欧州車は毎年確実によくなっていくものが多い。しかし日本車のマイナーチェンジは、開発時とは別の担当者が、見た目の印象だけを変え、不満・苦情対策に終始し、結局「いじりこわす」ケースが圧倒的多数。

このストリームも、そういう典型的なパターンに陥ったケース。もともとシビック系の基本骨格は大失敗作。しかしストリームは何とか普通の走りにまとめてあった。そのバランスが崩れ、ぎくしゃくした動きに終始する。

シートなど大事なところも改悪多し。1.7リッターの新エンジンはまずまず素直。類型的2+1列シートワゴンのひとつにすぎない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ