【インプレ'03】河口まなぶ ホンダ『ライフ』 ライバルよりも一歩未来へ前進!

[ホンダ]

新型ライフの評価すべき点は、「無用な背高フォルム」と決別したこと。軽自動車規格がこのまま続くなら、軽自動車はより小型軽量でなければ燃費・環境・安全はさらに問題化する。

その意味でライフは現在の軽自動車枠の中で将来を見据え、開発された感がある。

非常に苦心して燃費・環境に優れた新エンジンを開発し、ほかもすべてオールニュー。一生懸命軽量化したが安全要件などで重さは先代同等。

でもNAの動力性能は+α程度のアップでしかない。これはライフのせいじゃない、規格がいけないのだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


河口まなぶ| モータージャーナリスト
1970年生まれAB型。日本大学芸術学部文芸学科卒。卒業後モーターマガジン社でアルバイト。その後フリーとなり専門誌を中心に一般誌、webに寄稿。2002-03/03-04日本カーオブザイヤー選考委員。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ