【インプレ'03】日下部保雄 BMW『5シリーズ』 慣れるとファンなステアフィール

[その他]

バリアブルステアリングギアや6速ATをギュと引き締まったボディに押し込んだのが、新しい5シリーズ。ボディ剛性、とくに横曲げ剛性の高さや直6エンジンのストレートな回転フィールはいつものことながらBMWの凄さを感じる。クルマとの一体感はこのクラス随一だ。

注目の可変ステアリングはギアレシオを速度や切り角で変えるもの。最初は違和感があるが、慣れてくると同じリズムで切れるのでイージーだ。パーキングレベルでは少しの切り角で、高速では大きく切らないとレーンチェンジできない。修正舵ももちろん当たる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


日下部保雄|モータージャーナリスト
1949年東京生まれ。車に囲まれた生活環境だったせいか、ついに仕事になってしまった。走らせるのが好きでモータースポーツからジャーナリズムの世界に入り、日本や世界のレース、ラリーに参加してきた。これからも出場するつもりだ。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ