【インプレ'03】両角岳彦 BMW『5シリーズ』 走りに対する新たなアプローチはわかるが……

[その他]

このクルマの分析は未消化。日本仕様の(530i)を乗っただけで、走る状況や足まわりの暖まり方などによって動きや振動の感触が変動し、本性が見えない。

空間設計・機構レイアウトは先代継承、進化せず。アルミ多用骨格のためか振動伝達の硬さあり。BMWへの期待値に対して、駆動の自然さは電制スロットルの味付けと6速ATの変速しすぎ(多段化の弊害)で減点。

日本仕様全てに採用した車速応動可変ギア比の操舵系は開発未完状態。BS製ランフラットタイヤの癖も悪く、走りの質感も期待値以下。

シートの造りも変質した感じ。i-driveも機能簡略化でちょっと後退。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★★☆☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ