【インプレ'03】河村康彦 ホンダ『オデッセイ』走りの質感の高さが印象的

[その他]

独創的なパッケージングの持ち主である新型オデッセイは、走りの質感が極めて上質であることにもビックリ。

低全高/低重心設計により、背の高いミニバン特有の走りの不安定さを足を固めることで補う必要がなくなったため、乗り心地も3列シート車の中では「世界一優れている」と評することが可能だ。

160psエンジン車と組み合わされたホンダ車初のトルコン付きCVTも、その制御の巧みさに感心する。絶対的な走りの性能は『アブソルート』が上だが、日常域の動力性能では前出の“標準車”もヒケをとらない。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ