【インプレ'03】下野康史 スバル『アウトバック』すっかり静かになった4気筒ユニット

[その他]

もうちょっと奥まで行けるレガシィ。50mmプラスのロードクリアランスを利して、本当に奥まで行きたい人は、2.5リッター4気筒モデルでもいいのだろうが、どうせアウトバックにするなら3リッター6気筒、と考える人も多いだろう。

でも、排気系のチューンを受けて、すっかりスバルサウンドが消えて静かになった新型レガシィの4気筒は、その意味で6気筒と大差なくなった。旧型4気筒のボロボロ・サウンドがキライという人に、6気筒は価値があったんだけどね。

奥まで行かない人なら、レガシィ系は安い2.0iで十分。本当にいいクルマは、安いモデルにこそ福がある。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワー&フットワーク:★★★★☆
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


下野康史|モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ