【インプレ'03】河村康彦 スバル『アウトバック』日本のジャストサイズSUV

[スバル]

「アウト」で「バック」じゃマズイだろう…と、これまで日本市場では『グランドワゴン』→『ランカスター』と名を変えてきたこのモデルも、今やセダンやワゴンと並ぶレガシィシリーズの重要な軸足のひとつ。

その最大の売り物はエクステリアデザイン。が、200mmの地上高はわだちの深い雪国などでは実際の武器になる。「大きなSUVはちょっと…」という人には好適な1台だ。

3リッター6気筒モデルも悪くないが、2.5リッターの4気筒車が意外な“穴場”。常用トルクは太いしノーズの動きもより軽快。ただしATはぜひ5速化して欲しい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★☆☆


河村康彦|モータージャーナリスト
1985年よりフリーランス活動を開始。自動車専門誌を中心に健筆を振るっているモータージャーナリスト。愛猫家なのに猫アレルギーが発症し、このところ辛い毎日……

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ